【告知】コンテンツ文化史学会2018年第1回例会:ビブリオトーク×書評セッション「コンテンツ研究を書籍にする」(7/21@東京女子大学)

2018/07/14

コンテンツ文化史学会では、昨年度から「コンテンツ文化史研究の未来」をめぐって研究会を重ねてきました。今回の例会では、コンテンツ文化の研究に関して著作を執筆された三名によるビブリオトーク(書籍紹介)と、若手研究者のお二人(最近、書籍を公刊)による書評を行います。その後に、「コンテンツ研究を書籍化するにあたって」というトークセッションを開催し、コンテンツ研究と書籍の未来について考える会にしたいと思います。関連研究に従事している方や、それらを志している学生のみなさん、そして出版執筆関係者など、多方面からの参加をお待ちしております。

※ライトノベル研究会からは嵯峨景子氏、山中智省氏が参加致します。

日時:7月21日(土) 15:00~17:30
場所:東京女子大学 9号館9104教室
費用:例会は無料、懇親会は実費(学生・院生・非常勤職の方は負担軽減)

参加登録はコチラ

内容

1.登壇者の著作についてのビブリオトーク×書評
2.トークセッション「コンテンツ研究を書籍化するにあたって」

登壇者

岡本健(奈良県立大学)
玉井建也(東北芸術工科大学)
山中智省(目白大学)
評者:嵯峨景子(明治学院大学)田島悠来(帝京大学)
司会:堀内淳一(皇學館大学)

ゾンビ学 ゾンビ学
岡本 健

人文書院 2017-04-18
売り上げランキング : 164867

Amazonで詳しく見る by G-Tools

幼なじみ萌え ラブコメ恋愛文化史 幼なじみ萌え ラブコメ恋愛文化史
玉井 建也 京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 出版局 藝術学舎

幻冬舎 2017-11-29
売り上げランキング : 80687

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベル史入門  『ドラゴンマガジン』創刊物語―狼煙を上げた先駆者たち ライトノベル史入門  『ドラゴンマガジン』創刊物語―狼煙を上げた先駆者たち
山中智省 あらいずみるい

勉誠出版 2018-01-31
売り上げランキング : 177926

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史 コバルト文庫で辿る少女小説変遷史
嵯峨 景子

彩流社 2016-12-28
売り上げランキング : 54393

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「アイドル」のメディア史: 『明星』とヤングの70年代 「アイドル」のメディア史: 『明星』とヤングの70年代
田島 悠来

森話社 2017-04-05
売り上げランキング : 391724

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】

広告

【イベント】5/31★ライトノベルと図書館の意外なカンケイ★ 大橋崇行さん×小曽川真貴さん×山中智省さん×嵯峨景子さんトークイベント:『司書のお仕事』(勉誠出版)刊行記念

2018/05/18

5月31日(木)の夜、八重洲ブックセンター本店にて『司書のお仕事』刊行記念トークイベント「ライトノベルと図書館の意外なカンケイ」を開催することが決定しました。平日開催となりますが、ご興味のある方はぜひご参加ください!!

【日時】2018年5月31日 (木) 19:30~20:40(開場19:00)
【会場】八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
【参加費】入場料:500円(税込)※当日会場入口にてお支払いください。
【募集人員】50名(お申し込み先着順)※定員になり次第、締め切りとなります。

お申し込み方法の詳細はコチラ

【内容】
ライトノベル研究者・作家らが、ライトノベルの変遷について触れながら、図書館とライトノベルの「カンケイ★」などを紹介。「なぜ図書館にライトノベルが収蔵されにくいのか」などの疑問にも現役司書さんがお答えします。

【登壇者】
登壇者は、大橋崇行(作家・東海学園大学准教授)、小曽川真貴(犬山市立図書館司書)、山中智省(目白大学専任講師)、嵯峨景子(明治学院大学非常勤講師ほか)の4名となります。

【来場特典】
特製イラストブロマイド2枚をプレゼント

どうぞよろしくお願い致します!!

司書のお仕事―お探しの本は何ですか? (ライブラリーぶっくす) 司書のお仕事―お探しの本は何ですか? (ライブラリーぶっくす)
大橋崇行 小曽川真貴

勉誠出版 2018-04-30
売り上げランキング : 19584

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベルから見た少女/少年小説史: 現代日本の物語文化を見直すために ライトノベルから見た少女/少年小説史: 現代日本の物語文化を見直すために
大橋 崇行

笠間書院 2014-10-15
売り上げランキング : 271223

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベル史入門  『ドラゴンマガジン』創刊物語―狼煙を上げた先駆者たち ライトノベル史入門  『ドラゴンマガジン』創刊物語―狼煙を上げた先駆者たち
山中智省 あらいずみるい

勉誠出版 2018-01-31
売り上げランキング : 155372

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベルよ、どこへいく―一九八〇年代からゼロ年代まで ライトノベルよ、どこへいく―一九八〇年代からゼロ年代まで
山中 智省

青弓社 2010-09-01
売り上げランキング : 224352

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史 コバルト文庫で辿る少女小説変遷史
嵯峨 景子

彩流社 2016-12-28
売り上げランキング : 131355

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】


【告知】企画展示「ライトノベル誕生の軌跡 ―ようこそ〝ビジュアル・エンターテインメント〟の世界へ」(12/1~12/26@目白大学新宿図書館)

2017/11/30

目白大学新宿キャンパスにて開講中の基礎教育科目「言語文化論」(担当:山中)との連動企画展示として、12月1日より「ライトノベル誕生の軌跡―ようこそ〝ビジュアル・エンターテインメント〟の世界へ」を、目白大学新宿キャンパスにて開催致します。

若年層向けのエンターテインメント小説として、日本はもちろん、海外でも知られるようになってきた「ライトノベル」。本展示では、そんなライトノベルが現在の姿を確立していった黎明期(特に1980年代後半~1990年代初頭)の状況にスポットを当て、当時勃興していた〝ビジュアル・エンターテインメント〟の様相から、 ライトノベル誕生の軌跡を辿っていきます。今ではなかなか目にすることができない貴重な資料も、多数展示いたします。

展示自体は小規模ではございますが、図書館スタッフの方々のご協力もあり、内容的には密度の濃いものになっておりますので、この機会にぜひご来館ください。

開催日:2017年12月1日(金)~12月26日(火)
時 間:月~金)21:00まで、土)17:00まで、日)休館
場 所:新宿図書館本館1F PC室前スペース

なお、学外(一般)の方でも見学可能です。来館の際は入館申込書にご記入頂く必要がございますので、受付にてお申し出下さい。

【文責:山中】


研究会メンバーのイベント情報 (5月開催分)

2017/05/07


■第2回宗教人類学研究会「著者を囲んで ~大道晴香著『「イタコ」の誕生:マスメディアと宗教文化』を読む~」

日時:2017年5月15日(月)18:20~20:30
場所:立教大学池袋キャンパス 12号館2階 ミーティングルームA・B
詳細はコチラ

「イタコ」の誕生: マスメディアと宗教文化 「イタコ」の誕生: マスメディアと宗教文化
大道 晴香

弘文堂 2017-03-01
売り上げランキング : 101552

Amazonで詳しく見る by G-Tools

■日比谷カレッジ「少女小説は死なない―氷室冴子から現在まで」

日時:2017年05月16日(火) 19:00~20:30
場所:千代田区立日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール
詳細はコチラ

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史 コバルト文庫で辿る少女小説変遷史
嵯峨 景子

彩流社 2016-12-28
売り上げランキング : 16796

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】


嵯峨景子『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』関連イベント/講演情報まとめ(2017/03/26時点)

2017/03/26

昨年12月に『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社)を上梓されたライトノベル研究会メンバーの嵯峨景子氏。同書は発売後1ヶ月で重版を果たし、現在も注目を集め続けています。そんな同書にちなんだイベントが来月4月以降、各所で開催されることになっていますので、現時点での情報をまとめてみました。

なお、参加にあたっては事前申し込みが必要な場合がありますので、詳細につきましてはリンク先をご確認下さい。

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史 コバルト文庫で辿る少女小説変遷史
嵯峨 景子彩流社 2016-12-28
売り上げランキング : 124314Amazonで詳しく見る by G-Tools

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』の著者・嵯峨景子先生トークショー&サイン会情報

日時:2017年4月9日(日) 15時から17時を予定
場所:書泉ブックタワー9Fイベントスペース(秋葉原)
詳細はコチラ

■日本出版学会・出版史研究部会「少女小説ジャンルの変遷―コバルト文庫とその読者層を中心に」

日時:2017年4月28日(金) 18時30分から20時30分
場所:日本大学法学部三崎町キャンパス 本館2階第2会議室
詳細はコチラ

■日比谷カレッジ「少女小説は死なない―氷室冴子から現在まで」

日時:2017年05月16日(火) 19時から20時30分
場所:千代田区立日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール
詳細はコチラ

【文責:山中】


【3月13日開催】黒史郎×一柳廣孝×山中智省×大橋崇行「ライトノベルは越境する!」『ライトノベル・フロントライン3』(青弓社)刊行記念イベント

2017/03/07

『ライトノベル・フロントライン3』の刊行を記念して、来週3月13日(月)、下北沢の本屋B&Bで以下のトークイベントを開催致します。まだお席には余裕がございますので、ご興味のある方はぜひご参加下さい!!

黒史郎×一柳廣孝×山中智省×大橋崇行「ライトノベルは越境する!」
『ライトノベル・フロントライン3』(青弓社)刊行記念

日時:2017年3月13日(月) 20:00~22:00
場所:本屋B&B (世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
イベントの詳細はコチラ

【イベント情報】

中学生・高校生からアラフォーまでの読者を引き付け、一大ジャンルへと成長したライトノベル。ラノベは、マンガ・アニメへと越境して多メディア展開を果たすと同時に、各メディアから越境してくる作品も受け入れています。

一方で、刊行スピード・サイクルが早いうえに、いまや文庫だけでなくカルロ・ゼン『幼女戦記』などのように四六判などの判型で文芸書扱いでのレーベルも刊行されています。作品内容も非常に多岐にわたっていることもあり、ラノベがもつ懐の深さや魅力、ポテンシャルはいまだつかまえにくい状況です。

現在のラノベがもつ可能性はどこにあるのでしょうか?

本イベントでは怪異怪談を扱う作品を多く世に放ち、ラノベも執筆している黒史郎さんをゲストに迎えて、『ライトノベル・フロントライン3』で特集したメディアミックスの視点から、ラノベの「いま」と「これから」を議論します。作家と評論家・研究者とが真正面から語り合う貴重なイベントです。

みなさま、ぜひ足をお運びください。

【出演者プロフィール】

黒史郎(くろ・しろう)
作家。2007年、「夜は一緒に散歩しよ」で第1回「幽」怪談文学賞長編部門大賞を受賞。著書に『実話蒐録集』シリーズ(竹書房)、『乱歩奇譚』シリーズ(光文社)、『童提灯』(創土社)、『怪談撲滅委員会 死人に口無し』(KADOKAWA)など多数。

一柳廣孝(いちやなぎ・ひろたか)
横浜国立大学教員。専攻は日本近現代文学・文化史。著書に『〈こっくりさん〉と〈千里眼〉』(講談社)、『催眠術の日本近代』(青弓社)、『無意識という物語』(名古屋大学出版会)など。

山中智省(やまなか・ともみ)
目白大学教員。専攻は日本近代文学、サブカルチャー研究。著書に『ライトノベルよ、どこへいく』(青弓社)など。

大橋崇行(おおはし・たかゆき)
作家。東海学園大学教員。専攻は日本近代文学。小説に『レムリアの女神』(未知谷)、評論に『ライトノベルから見た少女/少年小説史』(笠間書院)など。

(告知ページより引用)

ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ! ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ!
大橋 崇行 山中 智省青弓社 2017-01-15
売り上げランキング : 219114Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】


【イベント告知】黒史郎×一柳廣孝×山中智省×大橋崇行「ライトノベルは越境する!」(『ライトノベル・フロントライン3』(青弓社)刊行記念/2017年3月13日)

2017/02/25

『ライトノベル・フロントライン3』の刊行を記念し、下北沢の本屋B&Bにて以下のイベントを開催致します。

黒史郎×一柳廣孝×山中智省×大橋崇行「ライトノベルは越境する!」
『ライトノベル・フロントライン3』(青弓社)刊行記念

日時:2017年3月13日(月) 20:00~22:00
場所:本屋B&B (世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
イベントの詳細はコチラ

cyk2kulucaafjsx

【イベント情報】

中学生・高校生からアラフォーまでの読者を引き付け、一大ジャンルへと成長したライトノベル。ラノベは、マンガ・アニメへと越境して多メディア展開を果たすと同時に、各メディアから越境してくる作品も受け入れています。

一方で、刊行スピード・サイクルが早いうえに、いまや文庫だけでなくカルロ・ゼン『幼女戦記』などのように四六判などの判型で文芸書扱いでのレーベルも刊行されています。作品内容も非常に多岐にわたっていることもあり、ラノベがもつ懐の深さや魅力、ポテンシャルはいまだつかまえにくい状況です。

現在のラノベがもつ可能性はどこにあるのでしょうか?

本イベントでは怪異怪談を扱う作品を多く世に放ち、ラノベも執筆している黒史郎さんをゲストに迎えて、『ライトノベル・フロントライン3』で特集したメディアミックスの視点から、ラノベの「いま」と「これから」を議論します。作家と評論家・研究者とが真正面から語り合う貴重なイベントです。

みなさま、ぜひ足をお運びください。

【出演者プロフィール】

黒史郎(くろ・しろう)
作家。2007年、「夜は一緒に散歩しよ」で第1回「幽」怪談文学賞長編部門大賞を受賞。著書に『実話蒐録集』シリーズ(竹書房)、『乱歩奇譚』シリーズ(光文社)、『童提灯』(創土社)、『怪談撲滅委員会 死人に口無し』(KADOKAWA)など多数。

一柳廣孝(いちやなぎ・ひろたか)
横浜国立大学教員。専攻は日本近現代文学・文化史。著書に『〈こっくりさん〉と〈千里眼〉』(講談社)、『催眠術の日本近代』(青弓社)、『無意識という物語』(名古屋大学出版会)など。

山中智省(やまなか・ともみ)
目白大学教員。専攻は日本近代文学、サブカルチャー研究。著書に『ライトノベルよ、どこへいく』(青弓社)など。

大橋崇行(おおはし・たかゆき)
作家。東海学園大学教員。専攻は日本近代文学。小説に『レムリアの女神』(未知谷)、評論に『ライトノベルから見た少女/少年小説史』(笠間書院)など。

(告知ページより引用)

ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ! ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ!
大橋 崇行 山中 智省青弓社 2017-01-15
売り上げランキング : 190884

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。