【イベント情報】9/26 目白大学トークイベント VRが更新するリアリティ(文化庁メディア芸術祭関連)

研究会メンバーの山中が勤務する目白大学にて9月26日(火)、社会学部メディア表現学科が共催機関となり、文化庁メディア芸術祭実行委員会主催「第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」の連動企画「目白大学トークイベントーVRが更新するリアリティー」が開催されます。現在、受賞作品展が初台のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]、東京オペラシティ アートギャラリーなどで行われていますが、そちらと合わせていかがでしょうか。詳細とお申し込みはコチラ

トーク「VRが更新するリアリティ」

近年話題となっているVRについて、エンターテインメント的な側面と学術研究的な側面の双方からのアプローチを紹介し、VRとリアリティのあり方について考えるレクチャー形式のトークイベント。

日 時:2017年9月26日(火) 18:00〜19:30(開場 17:30)
会 場:目白大学新宿キャンパス 研心館
定 員:400名
参加費:無料(一般の方は要事前申し込み

出演:
石井 晃/鈴木 一平[アート部門審査委員会推薦作品『Optical Marionette』]
松本 啓吾[エンターテインメント部門優秀賞『Unlimited Corridor』]
阿部 達矢[エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『anywhereVR』]
モデレーター:
遠藤 雅伸[ゲームクリエイター/東京工芸大学教授]
小林 頼子[目白大学社会学部メディア表現学科教授]

【文責:山中】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。