ラノベ史探訪(番外編)-続・「富士見美少女文庫」の名称はどこから来たのか?

2017/03/20

本ブログでは久々の更新となる連載「ラノベ史探訪」。WEBでは第20回まで更新を続けてきたこの連載ですが、現在は2015年10月に創刊した『ライトノベル・フロントライン』(青弓社)に掲載の場を移しておりますので、よろしければぜひそちらもご覧頂けましたら幸いです。

<参考:『ライトノベル・フロントライン』掲載版「ラノベ史探訪」>

第1回『アルスラーン戦記』でたどる「ファンタジーフェア」の軌跡
第2回 専門レーベルの誕生―「角川文庫・青帯」から「スニーカー文庫」へ
第3回 続・専門レーベルの誕生―角川ルビー文庫に引き継がれた〈ピンク帯〉

さて、今回は「番外編」と題しまして、以前にも取り上げた「富士見美少女文庫」に関する追加調査の結果を、簡単ですがご報告出来ればと思います。

<参考:過去の連載分>
ラノベ史探訪(18)-「富士見美少女文庫」の名称はどこから来たのか?
稲葉真弓氏について

ピンとこない方のために解説しますと、「富士見美少女文庫」はかつて富士見書房が刊行していた文庫レーベルで、正式名称は「富士見文庫」。刊行期間は1986~93年の7年間で、作品数は全30タイトルと決して多くありません。また、現在は絶版になっていますので、若い世代ほど目にする機会は少ないと思われます。

この文庫レーベル、一部では大変よく知られているんですね。その理由としてはまず、1980年代に一世を風靡した美少女アニメ『くりいむレモン』シリーズのノベライズを多数刊行していたことが挙げられるでしょう。また、それらの作品の執筆者であった倉田悠子氏が、実は2014年に紫綬褒章を受賞した作家・稲葉真弓氏であったことも、近年になって注目を集めるきっかけになったかと思います。

刊行作品(全30タイトル)

なお、この文庫レーベルの詳細は拙稿「〈富士見文庫〉検証―ライトノベルとジュブナイルポルノの〝源流〟をめぐって―」(『コンテンツ文化史研究』次号に掲載)にまとめておりますので、コンテンツ文化史学会の学会誌の刊行後にご参照頂ければと。そういえばこの件、昨年末にもTwitterで告知したんですが……もう刊行されるはずなんですけどね(汗) 詳細が分かりましたら再度告知します、はい。

さて、この文庫レーベルについて私は以前、次のように書いていました。

《2013/01/14 追記》
「富士見美少女文庫」の名称を誰が命名したのか?については、現在も使用された当時の資料が未発見のため、版元によるものであったか否かは断定出来ない状態です。また別の可能性として、版元による「美少女文庫」という名称の使用を受けた読者側による命名であったことも考えられるかと思います。
(ラノベ史探訪(18)-「富士見美少女文庫」の名称はどこから来たのか?)

この記述から早4年―。「富士見美少女文庫」の名称がどこから来たのか?については、私の力不足もあり、ずっとその答えがはっきりとしないままでした。

ところが最近になって、この長年の疑問を解消する重要な手掛かりを入手することに成功。それが以下の写真の資料になります。

倉田悠子『レモンエンジェル えりかのバイバイ・ララバイ』1988.07.
倉田悠子『レモンエンジェル 美希のラブ・ラビリンス』1988.09.
倉田悠子『ジュラハンター・ケネス キ・キララの妖女』1989.01.

入手先は「まんだらけ」の通信販売でした。これまで「美少女文庫」と記載された帯は何点か確認されているのですが、通信販売のページに掲載されていた商品写真を見る限り、上掲の帯は未見でしたので早速注文&入手。すると帯の背表紙側に「富士見美少女文庫」の文字がはっきりと記載されているではありませんか。いやはや、目にした時は本当に手が震えましたね。

今回入手したこの資料から、版元である富士見書房が「富士見美少女文庫」の名称を使用していたことが確認出来ました。この名称が刊行当時、作家、読者、編集者の間でどの程度流通していたのかは今後の調査課題ですが、少なくとも版元が名称を提示していたことは間違いないことになります。現時点の私見ですが、正式名称は「富士見文庫」のままであった以上、「富士見美少女文庫」はあくまでPR目的の通称であった可能性が高いのかなぁと。

上記の点については引き続き調査を行い、またご報告出来ることが増えましたら、あらためてお知らせ致します。今後とも連載「ラノベ史探訪」をどうぞよろしくお願い致します。

ライトノベル・フロントライン1: 特集 第1回ライトノベル・フロントライン大賞発表! ライトノベル・フロントライン1: 特集 第1回ライトノベル・フロントライン大賞発表!
大橋 崇行 山中 智省

青弓社 2015-10-17
売り上げランキング : 559009

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベル・フロントライン2: 特集 イチゼロ年代のライトノベル ライトノベル・フロントライン2: 特集 イチゼロ年代のライトノベル
大橋 崇行 山中 智省

青弓社 2016-05-16
売り上げランキング : 497529

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ! ライトノベル・フロントライン3: 特集 第2回ライトノベル・フロントライン大賞はこれだ!
大橋 崇行 山中 智省

青弓社 2017-01-15
売り上げランキング : 404420

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。