研究会メンバーの新刊情報 (『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』『「イタコ」の誕生 マスメディアと宗教文化』)

2017/03/06

ライトノベル研究会のメンバーである、嵯峨景子氏、大道晴香氏が、以下の書籍(単著)を刊行致しました。

■ 嵯峨景子『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』彩流社

610zjhvjefl-_sx338_bo1204203200_

常に少女たちの「居場所」となり、「読者」と共に歩み続ける「Cobalt」/コバルト文庫。そんな「コバルト」を追うからこそ見える少女小説史!雑誌「Cobalt」の前身である『小説ジュニア』から、Web マガジンCobaltまでの時代を追い、各時代の読者と「少女小説」の移り変わりを徹底追跡。学校読書調査や雑誌の読者投稿なども引用し、時代のリアルな空気も読み取れます。80年代のコバルト読者からライトノベル世代の中高生まで、幅広い世代に楽しんでもらえる一冊です。
彩流社HP

関連イベント情報
『星へ行く船』全5巻完結記念!!新井素子先生×嵯峨景子先生(少女小説研究家)トークショー&サイン会決定!!
日時:2017年04月09日(日)15時から17時予定
会場:書泉ブックタワー9Fイベントスペース(秋葉原)

■大道晴香『「イタコ」の誕生 マスメディアと宗教文化』弘文堂

280842

盲目の巫女はブームを経て、アニメのシャーマンへ――イタコ文化はいかにして伝説となったか?

死者を呼び出し、生者へのメッセージを伝える盲目の巫女イタコは、1960年代のブームで一躍全国に知られる存在となった。その半世紀後、現実のイタコが高齢化した一方で、マンガやアニメでは少女イタコがシャーマンとして活躍している。東北の民俗宗教はいかにして新しい宗教文化になり得たのか? フィールドワークと資料の発掘、質問調査から丹念に追跡した貴重な論考。
弘文堂HP

コバルト文庫で辿る少女小説変遷史 コバルト文庫で辿る少女小説変遷史
嵯峨 景子彩流社 2016-12-28
売り上げランキング : 42113Amazonで詳しく見る by G-Tools
「イタコ」の誕生: マスメディアと宗教文化 「イタコ」の誕生: マスメディアと宗教文化
大道 晴香

弘文堂 2017-03-01
売り上げランキング : 47298

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。