フィリピンの書店にて(1)

訳あって、フィリピンに来ています。最近はこのブログのおかげで、外国に出ると本屋を探すという習性が付いていますが、今回も本屋を探してみました。

IMG_6733

とりあえず見つけたのは、マニラの中心部のショッピングモールにあったNational Book Store。Teen’sのコーナーに向かうと、、、僅かばかりの日本マンガの英語翻訳と、アメリカのヤングアダルト小説。このブログでこの間紹介したジョン.グリーンの『ペーパー・タウン』もしっかりありますね。ここで、落ち着いてあたりの本を見渡すと、英語の本ばっかり。フィリピンの公用語はフィリピーノ(タガログ語)と英語ですし、大方の人は英語を喋るのですが、それにしてもフィリピーノの本が無さすぎる。

IMG_6724

IMG_6728

書店の中を探したところ、僅かなスペースでフィリピーノの本が置いてありました。

IMG_6732

そうしたら、お目当のものを見つけてしまいました!これは、実にライトノベルっぽい。

IMG_6731

IMG_6730

旅の先は長いので、あまり買いこめないのですが、目に付いたのを購入して、ホテルに帰ってしげしげと見てみました。

IMG_6736

表紙は完全にラノベ。

IMG_6737

マンガっぽいイラストもついている。

IMG_6738

会話文がとても多いし、

IMG_6741

SNSの文章も入っていて、絵文字も入る、

IMG_6740

大文字の連続や擬声語も入る。、、しかも翻訳では(たぶん)ない。そしてフィリピーノで書かれている。(少しだけ、英語を喋る人物が登場しますが。)そして、これに類した本がどっさりあって、複数レーベルから発売されていました。

つまり、フィリピンにはオリジナルのライトノベル市場が成立している!、、、ような気がするのですが、いかがでしょうか。男の子向けではなくて女の子向けなので、ライトノベルというよりも、日本で言えば「いちご文庫」時代の状況のようにも思えます。

ついでに、マンガも購入してみました。雑誌のようですが、完全に日本マンガのタッチ。やはり、女の子向けでしょう。

IMG_6743

IMG_6745
IMG_6744

一店舗の調査結果だけでは、結論めいたことを書くのは危険なので、これ以上は書きません。明日、別の大手書店に行く予定ですが、その結果を投稿するのは少し先のことになります。

(報告:太田)

広告

フィリピンの書店にて(1) への1件のフィードバック

  1. […] 記事詳細:https://societyforlightnovel.wordpress.com/2016/03/15/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%… […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。