アメリカの書店調査(続)

大手だけではなくて、小さな本屋さんにも入ってみましたのでこれも報告しておきます。
まずは、ポートランドの街で最近人気が出ているミシシッピ・ストリートのお洒落な古本屋さん。
IMG_4203
ヤングアダルトと「グラフィック・ノベル&マンガ」の棚が仲良く並んでいました。
IMG_4201
IMG_4202
この量ではライトノベルは見当たりません。それから、ぱっと見ても倒産したTokyoPop社のマンガが大変に多いです。この分野では大きな存在だったのだと改めて思いました。
同じ通りにあった、コミック専門店にも入ってみました。
IMG_4209
IMG_4208
広めの店内で、日本風マンガの棚は一つだけでした。
IMG_4207
桑田次郎の『バットマン』という日本人でも忘れてしまった、というか思い出したくもない翻訳本があるというぐらいにマニアックな棚でした。まあ、当然のことながらライトノベルは置いてませんでした。
(報告:太田)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。