【動画公開】大橋崇行『ライトノベルから見た少女/少年小説史』刊行記念トークセッション(2014/11/01開催)

大橋崇行『ライトノベルから見た少女/少年小説史』(笠間書院) の刊行を記念して、2014年11月1日(土)にジュンク堂書店池袋本店で開催されましたトークセッションの動画が、Youtubeで公開中です。

なお、トークセッションにもご出演されている河野至恩氏は、11月22日(土)~23日(日)に開催されるコンテンツ文化史学会2014年大会「コンテンツと歴史認識」のシンポジウムにもご登壇予定です。

コンテンツ文化史学会2014年大会「コンテンツと歴史認識」
(東海大学高輪キャンパス4号館4304教室)

2014年11月23日(日) 13:45~15:15
<シンポジウム>「コンテンツ文化史研究を世界に拓く ―ヨーロッパ・アメリカ編」
司会:柳原伸洋(東海大学専任講師)

・マティアス・ファイファー(静岡県立大)「通俗化への怖れ ―ドイツのコンテンツ文化とファシズムの関係」

・河野至恩(上智大)「ポップカルチャー翻訳・受容の重層的な理解へ向けて——『All You Need Is Kill』英訳・映画化の事例から」

・北本かおり(講談社)・原基晶(東海大)「『チェーザレ』をはじめとした漫画のヨーロッパ展開について(仮)」

ライトノベルから見た少女/少年小説史: 現代日本の物語文化を見直すために ライトノベルから見た少女/少年小説史: 現代日本の物語文化を見直すために
大橋 崇行

笠間書院 2014-10-15
売り上げランキング : 48802

Amazonで詳しく見る by G-Tools

世界の読者に伝えるということ (講談社現代新書) 世界の読者に伝えるということ (講談社現代新書)
河野 至恩

講談社 2014-03-19
売り上げランキング : 199082

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。