【新刊】一柳廣孝『無意識という物語-近代日本と「心」の行方-』(名古屋大学出版会)

ライトノベル研究会に参加されております、横浜国立大学の一柳廣孝先生の新刊『無意識という物語-近代日本と「心」の行方-』(名古屋大学出版会)が5月21日に刊行予定です。

〔書籍の内容〕
重なりあう科学とフィクション ——。フロイト精神分析や 「無意識」 の受容は、日本における 「心」 の認識をどのように変化させたのか。民俗的な霊魂観と近代的な心身観がせめぎあう転換期を捉え、催眠術の流行や文学における表象をも取り上げつつ、「無意識」 が紡ぎ出した物語をあとづける 「心」 の文化史。

無意識という物語-近代日本と「心」の行方- 無意識という物語-近代日本と「心」の行方-
一柳 廣孝

名古屋大学出版会 2014-05-21
売り上げランキング : 33023

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【文責:山中】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。