大橋崇行『桜坂恵理朱と13番目の魔女』2月14日発売です

告知です。
ライトノベル研究会のメンバー、大橋崇行による3冊目の小説が、
2014年2月14日に発売となります。

タイトルは『桜坂恵理朱と13番目の魔女』(彩流社)。
イラストは、名古屋を中心に活動されている沙紅さんが描いて下さいました。
(沙紅HP「A Cozy Garden」: http://cozygarden.web.fc2.com/ )

1980年代のジュブナイルSFを、もし現代風に書いたら…というコンセプトがあったので、
イラストもそれを思わせる画風の方にお願いしました。

内容は、現代のネットワーク社会を舞台に、「魔女」をめぐって次々に起こる事件を、
主人公の葉山秀司が解決しようと試みる…という「SF幻想ライトノベル」。
「SF幻想ライトノベル」というのはなかなかに馴染まない言葉かもしれませんが、
その点は、読んでからのお楽しみということで。
(↓詳しくは、下の画像をクリックして下さい)

版型は四六版、定価は1500円となります。
書店さんでは、やや大きめのライトノベル棚、もしくは、
SF小説の棚に置いて頂けるのではないかと思います。

詳しい情報は、大橋崇行のブログ(http://mitsukikioi.blog89.fc2.com/)または、
ツイッター(アカウント: @oh_mitsukitei)にて、随時お知らせいたします。

書店、アニメショップ等で見かけられた際には、
ぜひお手にとってご覧下さいましたら幸いです。

それでは、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【文責:大橋】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。