桜庭一樹『GOSICK RED』刊行発表

2003年に第一巻が刊行され、途中の休載期間を経た後、一般文芸化とアニメ化を軸とする大々的な復活を果たし、完結に至った桜庭一樹のGOSICKシリーズ。その変遷については、ライトノベル研究会の刊行した『ライトノベル・スタディーズ』にてまとめられています。

完結以後、動きを見せていなかったGOSICKですが、なんと新刊が発売されることが正式に発表されました。こちらが公式サイトになります。「『GOSICK RED』公式サイト

GOSICK RED
GOSICK RED 桜庭 一樹

角川書店 2013-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

GOSICKのレーベルは今はなき富士見ミステリー文庫から角川文庫に移り、一般文芸化が進んでいましたが、Amazonの情報を見る限り、今度の新刊は単行本として発売されるようです。

GOSICKファンの一人として、ぜひとも早く手に入れたいです。

【文責:山口】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。