【告知】コンテンツ文化史学会第2回例会「テレビ文化の歴史と表象としての少女-「魔法少女」をめぐって-」(2013/9/7)

2013年9月7日(土)、学習院大学にて、コンテンツ文化史学会第2回例会「テレビ文化の歴史と表象としての少女-「魔法少女」をめぐって-」が開催されます。当日は「魔法少女」をテーマとしたラウンドテーブルが予定されており、氷川竜介氏、三宅陽一郎氏、吉田正高氏の他、ライトノベル研究会より大橋崇行氏の登壇が決定しております。また現在、発表者の募集も行っておりますので、詳細は以下のリンク先をご参照下さい。

コンテンツ文化史学会第2回例会 発表募集のお知らせ

jachs201309_01

<日時>
2013年9月7日(土)

<場所>
学習院大学 西2号館305号室

<登壇者>
氷川竜介(評論家)、大橋崇行(岐阜工業高等専門学校、ライトノベル作家)、三宅陽一郎(ゲームAI研究者)、吉田正高(東北芸術工科大学)

<例会テーマ>
「テレビ文化の歴史と表象としての少女-「魔法少女」をめぐって-」

【文責:山中】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。