キャノン電子(株)の社長室にライトノベル?

先日、知人から『キャノン電子(株)代表取締役社長 酒巻久 氏が、ライトノベルを読んでいる』という話を聞きました。

『仕事をすぐやる人の習慣』(『THE21』編集部 編,PHP研究所)

仕事を「すぐやる人」の習慣 (『THE21』BOOKS)
仕事を「すぐやる人」の習慣 (『THE21』BOOKS) 「THE21」編集部PHP研究所 2010-06-19
売り上げランキング : 3441

Amazonで詳しく見る by G-Tools

という本に掲載された酒巻氏のインタヴューでは、社会経験の擬似体験としての「読書」を推奨していて、酒巻氏も相当な多読・乱読派の様子。
インタヴューにつけられた写真には

社長室の本棚には、酒巻氏がこれまでに読んでいた大量の本が並べられていた。ジャンルは問わず、中にはライトノベルも。情報への貪欲さが判断のスピードを高めていく

というキャプションと共にライトノベルの表紙が並んでいました。並べられたラインナップは「キノの旅」「灼眼のシャナ」「狼と香辛料(原作及びコミック版)」「とらドラ!」「図書館戦争」の6冊。

酒巻氏は、読んだ本から学んだ事を必ず要点に整理してメモ帳に書きとめる習慣をお持ちとのことで、これらの作品からどのような事を学ばれたのか、気になります。(ラノベ研究者のはしくれとしては、図書館戦争とコミック版の狼と香辛料を除き、残る4冊が全て電撃文庫であることと、この説明だと図書館戦争もライトノベルと思われているのでは、という点も気になりました。)

【文責:山口】
※署名を入れ忘れておりました、失礼しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。