「型」と「写生」と「ライトノベル」の関係

タイトルだけ見ると、何の話だ?と思うかもしれません。
この後、サブタイトルとして「俳句は一瞬を切り取らない」
と続きます。なんと、俳句の解説記事です。

Vol.43 「型」と「写生」と「ライトノベル」の関係
俳句は一瞬を切り取らない
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20111207/224935/?top_updt&rt=nocnt

(全文を閲覧するには、日経ビジネスオンラインへの無料登録が必要)

 ゴッホやトゥールーズ=ロートレックに見られるとおり、同じころ浮世絵がヨーロッパの画家に影響を与えていた。浮世絵や戯作本の挿画は当時の日本絵画に おけるサブカル部門。いまで言えばライトノベルの挿画や表紙絵かもしれない。サブカルチャーだったという点だけでなく、さまざまな明示的な「型」の集合体 として享受されていたところもライトノベルの挿画につうじる。

という、なかなかおどろきな方向でライトノベルと接続されています。(解釈の賛否は別として)

【文責:山口】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。